ブログトップ

その時まで ?

寝違え???

首がひどい事なっている。
朝の目覚めから起き上がるまで 最低30分の抗いがある。長い時は1時間くらいかかっていた。

放射線治療を始めてちょうど1週間、入院3日目の朝、起きようとして激痛に襲われ
体が思うように動かない事に驚愕。
ひどい寝違いをしたみたいだ。人生において これ以上ないほどの最悪のグレードの寝違いだ。
起き上がれず病院のベッドの中で抗いながらも どうにか上半身を起こそうと悪戦苦闘。
看護師さんからシップをもらい貼ってもらったが とにかく ひどい・・。(ー_ー)!!

朝夕のぞいて声を掛けてくれる主治医が「どーしたの!!!」「ひどい寝違いしちゃってー!!!」
などと話していたら 主治医は「これって 放射線の影響じゃ ないのかなぁ???」って言う。
私はひどい寝違いと思い込んでいたもので 「イヤイヤ!マヌケな寝違いですよー!」と
苦笑してたのだけど・・ね。

あれから10日以上経っているのに まったくもって その状況が緩和する事もなく
ひどい状態が毎日続いている。
頭を支える事だけで 日中もずっと苦しんでいる。
横になれば横になったで その首や肩の位置置きに苦労し ようやく楽な姿勢を維持できたと
思ったら今度は起き上がりに苦労し 首肩が固まり ひどい痛みやら重さや凝りに泣く。
こんな長く ひどい寝違いは経験した事ありませぬ。
ってか そもそも これ 寝違いと違ったようですね。(^_^;)
主治医の言うとおり 放射線の影響のようだ。

未だに続く頭・首・肩の異常なコリと痛みにこのGWは支配されているのです。ヤレヤレ
ちゃんと主治医の申し出を受け入れ それを対応するための薬でももらっておけばよかったです。
放射線もその影響たるものも 結構なものでございまするぅ。

咳を抑えるために前回受けた肺への放射線は肺炎を起こさないために少しずつ長くのやり方で
6週かけて行ったため ほとんど影響もなく 多少の水が溜まったくらいで問題ない。
今回は2週という短さだった事もあり 個人差はあるけれどそれなりの問題はあるようだ。

嗄声も変わらずだ。毎日波があるのだけど 出やすかったり 出づらかったりする。
右目は主治医から「8分咲き」と言われている。
飲み込みは前よりマシ?な感じかな。
今後もっと良くなるのかも知れないし それよりも 今回の放射線はこれ以上ひどい状態に
ならぬようにという予防的なものもあるので 納得している。




ちょー短期の入院にも拘らず 主治医は毎朝夕のように 部屋に来てくれました。
医者は命を救い 延命させるために尽力するという使命があります。
その医者としての使命に相反するように延命治療を拒否し 緩和治療飲み受け入れている私。
そんな患者なのに見捨てることなく いつも笑顔で接して下さるのです。
もっと邪険にされたりするのかなぁ・・という当初の不安など吹っ飛ぶような 温かさです。
とても 感謝しています。

前の主治医の移動により引き継いだ時 僕は何を求められているのだろうとか 先生なりに
考えられたようです。私自身も 緩和だけに絞った方がいいのでは・・と悩んだりもしました。
多分しばらくの間 私も主治医もそんな事を考えあぐねながら 診察を続けていたのでは
ないかと思います。
今も主治医ではありながらも 「困ったな(^_^;)」な 混じった患者でもあるのだと思います。
でも それはそれなりに 1年も診てもらって来た時が それなりの関係性を作って来たように
思えます。
私はやはり 信頼し 相談しますし 先生は何かできる事は?と探して下さる。
それだけで 患者としては満たされます。ありがたいでしょ?^_^



私の選択 抗癌剤治療を受けない事についても 私の考えとして認め受け入れて下さり
私の病気発覚の段階での抗癌剤治療、遺伝子治療の成果についても 正直に前向きに
話をして下さったりして 受け入れて下さっている事がとても感じられ ありがたくて
嬉しくて 感謝の気持ちでいっぱいなのです。
病気を持つ者にとって受け入れられる事とか 認めて頂ける事とか 心から感謝です。
私は かなり ラッキーだったのでは?と思っています。



入院中 ほぼ毎日のように 研修医の女医さんが メモ片手に通って来たのですよ。
こういう選択をした患者としての私の意見を聞きたくて 知りたくてと 仕事を終えて
空いた時間に 私の前に座り 真剣なお顔して 可愛いったらありゃーしない!
いろんな話をしたけれど 彼女の一番の興味(言い方はヘンだけど)は その選択を
ご家族にどう理解してもらったのか、ご家族はどういう反応をしたのか、とかでした。
時に目を潤ませ聞いてました。

退院の朝、忙しい中 ご挨拶にも来てくれ 嬉しかったです。
若い研修医のひとつの経験として1ミリでもお役にたてれば 本望です。
そんな研修医とのひとときも 楽しい思いでとなりました。(*^_^*)
by sonotokimade | 2015-05-02 11:25