ブログトップ

その時まで ?

スパイダーマン?なマスク。

たった2週間の予定の放射線治療の内 3日終わりました。
土日は休みゆえ 正味12日の内の3日が終わったとこで 土日が来てお休み。
残り残り7日分の放射線を入院して行うつもりです。


首部分の放射線だから 胸の時のように上半身洋服を脱いで裸になる事もないだろう。
胸の開き気味のTシャツとか着とったらいいんでないの?にやっ
なんていう私の当初のお気楽な考えは微塵となり散りました。

上半身裸になって横になって下さーい!という声に      はぁ~ん???(ー_ー)!!
ではマスクを作りまーす!
先生には説明されていたマスクの話。首だけど あごの動きに連動して動いてしまうので頭から
肩先までのマスクを作るんですと!
どうやって作るんだ?と 興味津々に待つ。

熱いですよー!熱いですからねー!とおっさるから ドキドキする。
何やら1枚の平たいメッシュな板?みたいなものが見えたと思ったら 目を閉じてー!と言われ
顔全体にその熱い柔らかくなったプラ版みたいなものが置かれ・・・たと思ったら!!!
男2人の放射線技師がこれでもかっ!私に恨みがあるんかいっ!ってな力の入れ具合で
ぐいぐいぐいぐいと顔を押さえ始めた。くるし・・とか声にならん声をあげつつ 技師たちとの
格闘数分。

どうもグイグイ押さえていたのはプラ版見たいなメッシュ板に目鼻の凹凸をつけ マスクを模って
いたためらしい。温められて柔らかくなったそれを顔に当て ぐいぐい押して顔の形を作って
いたらしい。(その前にそのプラ版みたいなものは器具にネジで固定されている状態です)
そのネジで固定されている下に私の顔があるわけで 結構苦しくて 我慢大会だ。

顔形がぴったりとできたら今度は冷たいタオルでどんどん冷やして行く。
すると仮面はぎゅーと冷え硬くなり顔に密着しまくります。正直 息が出来なくなった感もあり
これは・・閉所恐怖症の人はいかんのではないか・・と思ったりしましたよ。

こうしてできあがったマスクをつけての放射線治療はスタートしたわけです。
スタート前に診察もあり再度説明やら確認やらあったのですが CTでの詳しい画での私の
首の様子は 食道を中心にリンパの増大でみっちりと癌だらけとなっておりました。
ああ これだから 苦しいんだなと納得する画でもあり 放射線治療を受けた方がいいなと
納得できるものでした。

それからー・・と言う先生の目にキラ~ンと光が見えたと感じたのは私の錯覚か??? (^_^;)
この脇の下のリンパ節の腫れ これもやっちゃいませんかぁ?
確かに最近では痛みも感じていたので 前回のように 「いや まだいいです!」と言った後で
こうしてまたしても治療を受けている今だから 一緒にやっちゃいましょう!の声に 思わず
返事をしていた。
この時にマスクしていると呼吸が苦しい気がしますと申し上げたので 一回目の放射線時には
酸素を入れながらの治療となりました。

f0331507_1653311.jpg

こんなんをつけてやっています。 スパイダーマンみたいだよね。

目も口も開きません!びっしりマスクで押さえられており ネジで台に固定されています。

酸素もこのメッシュの穴から鼻に入れられてくすぐったい。
こんなに穴だらけのメッシュだから 楽に息が出来そうに思えたのですが 圧迫感がすごいので
息苦しく感じるのです。

治療2日目 あれ???
よくは見えなかったけれど 鼻の部分に穴が開けられてました。
なので 呼吸は楽になりました。

どうにも私は放射線を受けるとダルダルとなる傾向にあるのか 体が重くて仕方ない。
前回もそうだったので 入院と言う形をとってよかったのでしょう。
放射線治療以外何もせず べっどでゆっくり休ませていただきましょう。

家にいるとどうしても頑張ろうとしてしまいます。
頑張らない自分に肩身の狭い思いを感じてしまう。罪悪感のような・・
犬猫と一緒にいたいから 余計頑張ってしまうところがあり このところ少々疲れてもいたので
この短期の入院で休んで来るつもりです。


では明日から短い入院をして来ます。
ゆっくり 休んで来ますね!

では!行って来まーす! (*^^)v
[PR]
by sonotokimade | 2015-04-19 17:12