人気ブログランキング |

ブログトップ

その時まで ?

3種の神器 と 緩和病棟見学

f0331507_105062.jpg



昨日は放射線の後 そのまま 緩和受診がありました。娘がずっと付き合ってくれました。
全部終わったのは(薬受け取りまで)夕方で午後2時くらいから6時過ぎまでかかり 少々疲れた。
これくらい大きな病院では普通にかかる時間だけど 病状が進んで来るときつくなりますね。

その緩和では このひと月の様子を話し 薬のポカでえらい目に会った話もし 今の自分に
それらがどれほど大事なのかの認識を話したり。

痛み全般にはオキシコンチン。
突発痛やらにはオキノーム。
咳止めにはリン酸コデイン(先生はリンコデとか言ってた)。

これらがとにかく大事で常備薬であり 私の三種の神器である事を伝えた。

緩和の先生はどんな話も受け入れて下さる。患者の辛さやら悩みやらを全て肯定し受け入れてくれます。
なので 話してるととっても 楽な気分になります。これこそ 緩和の目指すものと言う感じです。

アバウトさん、明日放射線が終わってから 緩和病棟の見学しておきましょうとおっさった。
あらまっ 見たいわ! そこで 待っている間に今回の事やらを娘と話していて
娘がふともらした 「もしも急変したりしたら どうすればいいんだろう・・」の言葉を先生に伝えたら 
ではそれらも含めて今から緩和病棟を見学しつつご説明しましょう」となった。
明日の見学のはずが急遽 当日の見学となった。


私がお世話になる病院の緩和の緩和病棟は9階の東病棟にあり 先ずはディールーム(談話室)に。
時は節句。それは大きな7段のお雛様が飾ってありました。こんな大きなお雛様は我が家にはないので
喜んで見学。この場所には桃の節句の次には男の子の節句、そして 桜の頃になると 大きな桜が
飾られるそうで 日中はボランティアの方がいらしてて お茶のサービスやら 手仕事やら たまには
音楽やらのサービスもあるそうです。
作りは普通の病棟と同じなのですが 雰囲気が全く違ってて 温かい感じになっていました。
個室と4人部屋があったのですが 4人部屋でさえも 暗さとか悲壮感みたいなものは感じさせられ
ませんでした。廊下は全て絨毯敷きで音が吸収されて静かです。
いろいろ見せて頂き 安心感を得る事ができました。

都会ではもっと素晴らしい施設があるのでしょうが 私はここで充分。
私が緩和病棟に求めるものは 痛い時に痛いと訴えることができ 苦しい時に苦しいと伝える事ができ
それらを緩和できる雰囲気がある事。
楽に最期を迎える事は無理でしょう。
そこには痛みと苦しみがあると覚悟してます。
ですが その時 痛いー!と言えば 辛いですねぇと肯定してくれて 抱きしめられるかのような
安心感がそこにあれば それで充分。
そんな中でゆっくりと逝きたいなと思っています。

イヤイヤ 早くからこんな話をするからと言って ガッカリしちゃだめですよ。
まだまだ 私はそんなに簡単に逝かせてもらえるなんて思っちゃおりませんですし
元気に過ごせていますが そんな元気に笑っていられる今から明るくこんなその時の話を
していたいというのが 私の考え方ですので 今後もどんどん こんな話が出て来ると思いますが
怖がらないでね。(^_^;)



f0331507_1053437.jpg




緩和病棟を早くも見学し 短期入院もいつでも出来る説明を受け 先生からはもう介護認定を申請
した方がいいとの話も聞きました。
内心驚いた。
見学に寄り こう言う日がそう遠くないのだと認識するに至り ある種の愕然たる思いもありましたが
介護認定の日も今なのかと見た目 健康人と変わらぬ癌患者には驚きでもある。
ところで 突然出た介護認定。どうやるんじゃ???役所か???

いろいろ びっくりの日だった。(>_<)







f0331507_106158.jpg

昨日のお昼は私のリクエストでお好み焼き♪





自分ではヘロヘロになろうと まだまだ 元気に楽しく過ごせていると確信してるが
こうして 確実に事態は進行しているのだと 軽いショックも体験。
近いうちに(先生は早めにって言ってたな)認定してもらい せめて あの背中が連動するベッドを
借りて階下で休んだりするのもいいですよと 言ってくれたので 役所に行ってくっかね。(*^^)v
by sonotokimade | 2015-02-27 10:10