ブログトップ

その時まで ?

空回りの夢。

好調が思った以上に続くので ちょっと欲が出て来て もしかしたら 私もう一度 実家に
帰れる?とか 思った頃・・
娘もそう感じていたらしく 同様の提案をして来た。

もしも それが可能なら またまた おとんに動物係をお願いして 私にむこ殿&娘が付き添い
山口県まで行こう!って話で盛りあがり やれ!飛行機は?新幹線では?とレンタカー込みの
パックはないのか?とか 異常なほどに盛り上がる。

むこ殿を認知症の母に会わせよう!とか 山口に帰ったら 車でどこかに出かけよう!とか
病気など何の問題もない 健常な人としての夢は広がり とうとう 母を連れてどこかに
泊りに行こうか?とか 真剣に考えたり。

もう何もしてあげられないと思っていたのに こんなに調子がいいから もう一度
弟夫婦を自由にさせてあげられる気がして 何かをしてあげられる 姉としての自負のようなものを
取り戻しているかのような 夢を見ていた。

とっても楽しく活き活きしていたそんな日の翌日

朝から足も体も重く 動くとつらい・・なんて感覚にガッカリ。
座っている分には 元気にお口も達者!大した活動をしないし ゆっくり歩くだけなら
息も上がらない。
それを 調子がいいとカン違いしている部分もあったんだね。
空回りの夢でしたね。

だけど 2月の半ばから今までの間で一番調子がよかったのも 事実だったから
何でも出来そうな気がしてたのよ。

こんな私が 認知症の母のお世話をテキパキとできるとも思えなくなり あれほど
その気満々で計画してたのに できる自信がないと 中止した。(ーー゛)
ちょっと調子がいいと すぐに全てが可能が気がしてしまいます。
とんだ 間違いです。

それに 認知症の母と対応するには精神的にも肉体的にも安定してないと対応できない。
私 病気の事を話す気もないのだから 無理しまくりそうだ。
無理して頑張る事が私自身に何の影響も及ぼさなければ 頑張っちゃうのだけど
影響したら 付き添ってくれる2人にもいろいろ 後悔やらさせそうで それはイヤ。

でもね そんな気にさせるほどに 調子がいい事に感謝しつつ それでも
「実現できるんじゃ?」と 考える一瞬が 今もある事を 幸せに思います。




一昨日の呼吸器内科の診察時 胸部画像をチェックしても 心臓も小さいままだし
肺にも何の変化も見られず 肺癌の諸症状が出るはずもないと 先生に言われたばかり。
当初から アバウトさんの場合は 症状が大して出ないまま 急に来ちゃうかもねぇと
言われていたけれど どゆこと???

呼吸困難になったら・・なんて 携帯酸素とかの話もしてたんだけど 先生は
アバウトさんは多分そうはならなくて 必要ないと思うよ・・とかおっさる。

ならば 私はこれから どうなるんだろうね?
 
多分 この年齢での無治療とか例が少なくて 予想が出来ないのかもね。
ある意味 レアなケースだものね。
ほとんどの人がきちんと正面から向き合い 闘っている。
効果が出ている人も 出なくて弱って行った人もいて その例はたくさんデータとして
あるのでしょうが 私みたいなのはほとんど例もなく結果データなんて存在しないのでしょう。

ならば 私みたいな人の例も貴重だね!頑張ろう。

前任の先生との会話で緩和だけで行くと言う私に「だけど きっと辛いですよ・・。」
その辛いのはまだまだ 経験していない。いつか来るのかな?
そんなこんなも ある意味 興味深いものです。



さてさて 今日のお昼はどうしましょう。
食事の支度がまたできるようになるなんて 以前思っていなかったので 不思議です。
気分が悪くて横になる事が多かった頃 もう台所でテキパキなんてないかと思ってた。
癌って面白いね。調子がいい時は普通に暮らせるんですよ。
その普通を 少しでも長く多く 過ごして行きたいですね。(*^_^*)


そして 楽しい!がセツナイ!を包むかのようにして暮らしたいものです。
[PR]
by sonotokimade | 2014-09-04 11:27