ブログトップ

その時まで ?

<   2015年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

心の栄養。

f0331507_1649664.jpg


久しぶりに好きな花を飾ってみました。カラーの清楚で知的なところが好きです。


f0331507_16503559.jpg


ここしばらく 放射線治療によるあれこれと 癌の進行によるあれこれにより 気持ちにも
余裕がなくなっていた事に気づきました。

この白いカラーの花が じんわりと心を落ち着け 癒してくれます。


f0331507_1653560.jpg

毎朝 アロエヨーグルトを食べるのですが 今朝は切らしていたので このおいしい
野菜ジュースが朝ご飯替わりです。
薬を飲むためにゼリー飲料もチュルチュルします。最後にお口直しの冷えた濃い茶をごっくん。


朝 昨日飾ったカラーの花をみつめながら おいしい野菜ジュースをいただきました。
ああ お花がある暮らしは心の栄養ですね。体の栄養も大事だけど 心の栄養も大事ですね。

とても満たされた 朝のひとときでした。





余命宣告されつつもそれから1年以上元気に楽しんで過ごせました。幸せや~!
肺が原発?とか疑われつつも咳ひとつなく 1年以上過ごして来れました。
それがこの2月になってから咳が急に出始めたのをきっかけに放射線を肺に当てました。

癌の進行による反回神経麻痺の影響で声枯れや嚥下障害やら むせやらが始まると同時に
ホルネル兆候と言われる (脊椎の傍を通っている交感神経が侵されると、腫瘍と同じ側の瞳が縮小し、
まぶたが下がる)症状も出たので 首から脇にかけても放射線治療をしました。

でもさすがに緩和治療としての私の放射線治療は画期的な効果はもたらされるはずもなく 
肺炎とお友達になりつつ 胸水と仲良くしつつの今になっています。

あのねホルネル兆候と言われる症状の中に 癌のある側(私は右ね)だけ汗をかかなくなるってのが
あってね。さすがに暑くなって来たこの頃 その異常さにウケテおります。(^_^;)
右側は汗とは無縁でサラサラなのに 左側だけ グッショリ タラタラの大汗かいちょります。
触ってびっくり!です。

放射線の置き土産で先週 頬から顎にかけて 皮が垢のようにボロボロむけて 真皮に変身!
色素沈着している首辺りはこれから ??? かな。
後からゆっくり いろいろです。(^_^;)


ゆっくりだけど体力はさすがに落ちつつあるもので できる事も少ないけれど 意地でも
洗濯物だけは死守しています。
あまりに息切れしながらやっているので 娘はやめてー!!!と言いますが 洗濯好きなんだもん。
これだけは やだー!やるー!と 意固地にも頑張っています。(*^^)v
だけど 自分でも限界を認める日がいずれ来たら 素直にバトンタッチするつもりですから
心配しないでね。
できる事があるってのは 充実してるよ。


f0331507_1724290.jpg

ペーちゃんのシャンプーはさすがに(重く) 娘にお任せしています。

f0331507_1725928.jpg

毎週のように通って来てくれている娘に感謝。




火曜日は呼吸器の診察です。
そろそろ 肺炎も心配なくなり 胸水も消えていたりしてる かも。
だって 少しずつ 楽になって来たり している 気がするもーーーーん!\(^o^)/




じゃ またね❤
[PR]
by sonotokimade | 2015-05-31 17:35

胸水。

肺炎・・少し落ち着いた・・かなぁ?とも思えたんだけど 気づけば汗だらけとなっていたり。
体中 足の脛までびっしょりになっていたり 着替えたり。

胸水は増えたりしてるので 息苦しくて仕方ない。
昨年の同じ頃は心嚢水で息苦しかったけど 今年は胸水らしい。

先生にも悪液質になっていると言われており 食べてはいるのだけど 体重は少しずつ減。

胸水のため 夜横になって眠れず クッション抱えて 座って眠っている。
そのせいか 昼間もずっと寝不足で うとうとばかりしている。

主治医は明るい人で 明るく きつくなったら入院ね♪などと ジョークを飛ばす。
イヤイヤ 先生、ぎりぎりまで私はお家が一番!の人だから!\(^o^)/

昼間から こうめ・ふく・るるとニャンズらとのまったり寝。
ウトウトから目覚めると 横やら枕元やら足元で軽いイビキさえかきつつ眠っているニャンズ。
ああ 幸せだなぁ❤と しみじみ 感じるのですよ。

本当はぺーちゃんもそばに置いておきたいと思うだけど この子は2Fでオモラシしちゃうという
悪癖がついているので 連れて上がれません。それが残念!
ぷーさんのように オムツしちゃおうか?などと 悪だくみを楽しんだりしています。




放射線が終わったら しばらく会えてない友人達とランチをするんだ!と楽しみにしてたのだけど
今の状態では それはまだ 無理っぽく 残念だ。
しばし 待たれい。





THE ICE 仙台公演の楽日の 昼の部のチケット 準備OK!手元にあり♪
行く気満々。だから 余計しっかり食べなくちゃ!と頑張っている。

でも 今の自分の有様に少々弱気にもなり 行けるかなぁ?と真央ちゃん並みに迷ったりする。
昨年も心嚢水が溜まり 無理かも・・とか思っていたけど V字回復して 大阪にも行けたし
あの時を底辺として大変調子が良くなったから 今回も・・?と 甘えている。(^_^;)




まだ2ヶ月以上ある。
大丈夫!






コメントでの応援ありがとうございます。
お返事がきちんとできないかも知れませんが その時は お許しを。(^_^;)
[PR]
by sonotokimade | 2015-05-21 20:39

肺炎中。

お久しぶりです。生きてますよー!(^_^;)

ベッドの上でひぃひぃ言いつつ 忍の字の時!とばかりに寝たフリしていたら
あっという間に今日まで経ってました。自分でもびっくり。

頸部リンパへの放射線治療の副作用らしい 首肩の痛みが尋常ではなく 当初 寝違い?などと
簡単に考えていたものが 時の経過と共にちっとも軽減せず 尋常ならぬ痛みへの継続に
ただただ 打ちのめされておりました。

それだけではなく あんなにうまく行っていたはずの痛みの緩和もぶっ壊れてしまい
コントロールに大失敗で狂ってしまうという とんでもない事も起こり これまた ひぃひぃ。

あっちもこっちも 調子も悪いし 食欲もないし と気づけば 徐々に体重も変化。
歩くのもヘロヘロで スーパーにさえも 買い物に行くのは無理となってしまいました。
 
頭って重いのね!それを支える首に問題のある私は頭を支えつつ立つっていう作業に耐えられず
もうどこにも行きたくなくなるし 頭を下に抱え込みしゃがんでしまうという妙なオバサンになってた。(^_^;)
お隣さんに回覧板をお届に行く事さえつらくて仕方ない状況になってました。
ただただ 横になり 楽になる日を待ちわびていたのですよ。

ようやく すこーし楽になって来た?まだまだだけど ほんの少し楽になって来たかなぁ?と
嬉しく思っていた昨日 診察日がありました。


首の調子の悪さをとうとうと話し続ける私。いつまで続くんでしょうねぇ???と 私的大問題。
首の方はまだまだかかるかなぁ?と にこにこな先生。

でも 問題はそこじゃなくて 最初に放射線治療をした あっちだった。
肺の放射線肺炎が悪化しちゃいまして とりあえず ステロイド投与で様子見する事となった。

1週間これで様子見して 次回の診察で改善が見られなかったら また入院・・ね。だってー!
あの最初の肺への放射線治療時 主治医はずっと気にしていた肺炎。
先日の入院時に軽く肺炎が現れた時も心配はしていたけれど 私は他のいろいろの方が
現実的痛みだったりして気にしてなかったのだけど やはり 放射線肺炎になってしまった。



いろいろ考えられるけれど 一気にいろいろ出て来て 一番つらい時だけど ここを底辺として
また復活して来てくれるんじゃないかと・・。

ただ このままどんどん調子を崩して行ってしまう事も・・

だけどね、僕はアバウトさんはまた元気になって復活すると思うんだよねぇ~! と先生。


私も実はそう思います!と応えておきました。 まだまだ! まだまだ!




というわけで ただ今 放射線肺炎中なり。 
それでも 元気にしてますよー!


首のつらさが少し楽になって来たと感じているので その分 元気になれています。\(^o^)/

心配しないでね!




 
[PR]
by sonotokimade | 2015-05-12 16:21

寝違え???

首がひどい事なっている。
朝の目覚めから起き上がるまで 最低30分の抗いがある。長い時は1時間くらいかかっていた。

放射線治療を始めてちょうど1週間、入院3日目の朝、起きようとして激痛に襲われ
体が思うように動かない事に驚愕。
ひどい寝違いをしたみたいだ。人生において これ以上ないほどの最悪のグレードの寝違いだ。
起き上がれず病院のベッドの中で抗いながらも どうにか上半身を起こそうと悪戦苦闘。
看護師さんからシップをもらい貼ってもらったが とにかく ひどい・・。(ー_ー)!!

朝夕のぞいて声を掛けてくれる主治医が「どーしたの!!!」「ひどい寝違いしちゃってー!!!」
などと話していたら 主治医は「これって 放射線の影響じゃ ないのかなぁ???」って言う。
私はひどい寝違いと思い込んでいたもので 「イヤイヤ!マヌケな寝違いですよー!」と
苦笑してたのだけど・・ね。

あれから10日以上経っているのに まったくもって その状況が緩和する事もなく
ひどい状態が毎日続いている。
頭を支える事だけで 日中もずっと苦しんでいる。
横になれば横になったで その首や肩の位置置きに苦労し ようやく楽な姿勢を維持できたと
思ったら今度は起き上がりに苦労し 首肩が固まり ひどい痛みやら重さや凝りに泣く。
こんな長く ひどい寝違いは経験した事ありませぬ。
ってか そもそも これ 寝違いと違ったようですね。(^_^;)
主治医の言うとおり 放射線の影響のようだ。

未だに続く頭・首・肩の異常なコリと痛みにこのGWは支配されているのです。ヤレヤレ
ちゃんと主治医の申し出を受け入れ それを対応するための薬でももらっておけばよかったです。
放射線もその影響たるものも 結構なものでございまするぅ。

咳を抑えるために前回受けた肺への放射線は肺炎を起こさないために少しずつ長くのやり方で
6週かけて行ったため ほとんど影響もなく 多少の水が溜まったくらいで問題ない。
今回は2週という短さだった事もあり 個人差はあるけれどそれなりの問題はあるようだ。

嗄声も変わらずだ。毎日波があるのだけど 出やすかったり 出づらかったりする。
右目は主治医から「8分咲き」と言われている。
飲み込みは前よりマシ?な感じかな。
今後もっと良くなるのかも知れないし それよりも 今回の放射線はこれ以上ひどい状態に
ならぬようにという予防的なものもあるので 納得している。




ちょー短期の入院にも拘らず 主治医は毎朝夕のように 部屋に来てくれました。
医者は命を救い 延命させるために尽力するという使命があります。
その医者としての使命に相反するように延命治療を拒否し 緩和治療飲み受け入れている私。
そんな患者なのに見捨てることなく いつも笑顔で接して下さるのです。
もっと邪険にされたりするのかなぁ・・という当初の不安など吹っ飛ぶような 温かさです。
とても 感謝しています。

前の主治医の移動により引き継いだ時 僕は何を求められているのだろうとか 先生なりに
考えられたようです。私自身も 緩和だけに絞った方がいいのでは・・と悩んだりもしました。
多分しばらくの間 私も主治医もそんな事を考えあぐねながら 診察を続けていたのでは
ないかと思います。
今も主治医ではありながらも 「困ったな(^_^;)」な 混じった患者でもあるのだと思います。
でも それはそれなりに 1年も診てもらって来た時が それなりの関係性を作って来たように
思えます。
私はやはり 信頼し 相談しますし 先生は何かできる事は?と探して下さる。
それだけで 患者としては満たされます。ありがたいでしょ?^_^



私の選択 抗癌剤治療を受けない事についても 私の考えとして認め受け入れて下さり
私の病気発覚の段階での抗癌剤治療、遺伝子治療の成果についても 正直に前向きに
話をして下さったりして 受け入れて下さっている事がとても感じられ ありがたくて
嬉しくて 感謝の気持ちでいっぱいなのです。
病気を持つ者にとって受け入れられる事とか 認めて頂ける事とか 心から感謝です。
私は かなり ラッキーだったのでは?と思っています。



入院中 ほぼ毎日のように 研修医の女医さんが メモ片手に通って来たのですよ。
こういう選択をした患者としての私の意見を聞きたくて 知りたくてと 仕事を終えて
空いた時間に 私の前に座り 真剣なお顔して 可愛いったらありゃーしない!
いろんな話をしたけれど 彼女の一番の興味(言い方はヘンだけど)は その選択を
ご家族にどう理解してもらったのか、ご家族はどういう反応をしたのか、とかでした。
時に目を潤ませ聞いてました。

退院の朝、忙しい中 ご挨拶にも来てくれ 嬉しかったです。
若い研修医のひとつの経験として1ミリでもお役にたてれば 本望です。
そんな研修医とのひとときも 楽しい思いでとなりました。(*^_^*)
[PR]
by sonotokimade | 2015-05-02 11:25