ブログトップ

その時まで ?

リアルな年明けのお話

私はもともと 犬猫中心の毛まみれな幸せブログを持っていたのですが

そこが発病後 どんどん どよーんとして来たので ここへ来たのです。

そちらの記事から あの時の様子をコピペしてみました。

リアルなあの頃のお話です。







よくわからずに 指示通り 呼吸器内科の予約なしの診察を受けるため 病院へ行く。

耳鼻科からの指示書を受け付けに出すと なんか 他の患者さんとは違うな・・

って感じの扱い。

あっちこっちに連絡しつつ 特殊外来みたいなところに行かされ 

いや 今日はあっちで・・とかわけがわからん指示に 右往左往しつつ 

ある診察室の前で待たされる。

そこには 何科とも 先生の名前のカードもなく 静か。

「先生が 今 こちらにいらっしゃいますので、少々お待ちください」とか

壇密に感じも声もしゃべり方も似た 看護師でない女性に言われ 思わず 

お腹空いちゃったから サンドイッチでも食べて来ても いい?って聞いちゃう 私。

だって 20分くらい待つって言うからさ!

檀密似が「検査があると困りますので そのまま お待ちください」と 色っぽいな。

個人的に 檀密は好きである。 (*^^)v





そして呼ばれた。

ひとり?ご家族は?とか 申されるから え? 呼びますか?いや、いいですよ。とか・・

なんだ いつものあっちこっち ぐるぐる ではなかったのか。

結果発表!だったのね。 \(◎o◎)/! ← ぼーっとしてるね。

まーでも いつも 私から説明してるし、ダンナはおらんでも 私的には問題ないのだ。







腺癌で 低分化で なんたらかんたら
とったリンパ節はまだ慶應の方にあるので なんたらな検査して なんたらな薬が効くか
調べたいので なんたらかんたら。

これまでの検査の結果これもあれもこの検査も これと言ったものは見つかりませんが

組織検査の結果の腺癌であると言う事と 肺と肺の間の縦郭の部分のリンパ節が悪性と思われ

肺のこの部分が 怪しい・・けれど 原発とは言い切れないけれど 炎症の可能性もあるが

この数値がこれだから なんたらかんたら。 


そっちの方向で 治療を・・始めましょう。 

ただ 原発と言いきれないので 原発不明で 腺癌と言う事です。



なんやら わけわからんが 肺線癌を意識した原発不明癌ってこと か?




抗がん剤プラチナなんたらと かんたらを使って・・ あ・・ 女性は脱毛があるから 
気にするかもしれませんけど なんたら かんたら。




先生! 整理すると! あーで こーで だから あーなんですか?とか 整理しつつ聞く。




じゃー 先生   肺がんだと過程したら 今の私の状態は 3b?


うーん そうですねー。  なんたら かんたら リンパの転移がありますし・・。



先生 これって  あれ・・・ですよね?


治りません!


ですよね。





ここで これまでの流れやら 情報を得てのうえで考えて来た 自分の考えを伝えた。



先生、 治療しない選択をしたいと思っています。

今の暮らしの中で 一日でも長くクオリティを維持し大切にして暮らしていきたいと思っています。

延命治療ではなく 緩和治療を受けながら その時が来たら ホスピスに入りたいのですが

そういうのは可能ですか? 間違っていますか?






すばらしい考えです!すばらしいです! はいはい それも間違っていません!



↑ 心から賛同してるわけでは決してないという みえみえの 反応! ( 一一)



まー そのあと いろいろ早口で先生いろいろ おっさていたけれど 頭混乱中の私。



で そこで 遠まわしに聞いてみた。








先生! あと 2年くらい いけますかー?




無理っ無理っ 頭ブルンブルン

半年! 無治療なら 半年!




そーなんだー。(>_<)







ってな 話がなされ 



セカンドオピニオンを受ける段取りをお願いし 次回の診察日を決めた。



びみょーな なんとも びみょーな 空気が流れる中 



よろしくお願いします。ぺこり 



と 後にした。









想定していたとはいえ  現実は キビシイな。



ダンナに電話して報告。「気分がくさくさするから 買い物して帰る!」と 寄り道。






世の中 冬物バーゲン中。

あ これ いいな♪ 安いな♪ 買おうか? 

あ やめとこ・・

すぐに着れなくなる かもだ・・




結局 なにも 買えず・・




これが 年明け 1月15日の リアルなお話でした。









[PR]
by sonotokimade | 2014-04-11 14:04 | 余命宣告までの話